09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「居眠り磐音江戸双紙」29 佐伯泰英

2009年07月25日
居眠り磐音江戸双紙29 「冬桜の雀」  佐伯泰英

おこん、霧子らを伴い、千鳥ヶ淵一番町の高家瀬良家の屋敷前に冬桜見物にやってきた磐音は、瀬良家当主定満の乗物を前に千利休ゆかりの茶碗の返却を迫る二人の武士と遭遇する。一方、半月前に三国峠から逃げ出した入れ墨者の能楽の丹五郎一味を追う笹塚孫一は、一味が江戸で船を乗っ取り上方に逃げようとしているとの報せを受け、早速磐音に相談を持ちかけようとしていた。そんな折り、見目麗しい孫娘に手を引かれた盲目の老剣士が尚武館を訪れ、佐々木玲圓との立ち合いを望むが……。                                   「居眠り磐音 江戸双紙」公式サイトより


29巻を読み終わりました、次は 居眠り磐音江戸双紙30「侘助ノ白」 やっと追いつきました。


                              幸手市 りふれ整体院 院長


日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 花火 | HOME | 戻り梅雨 »