06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

八坂の夏祭り「天王様」

2009年07月06日
近隣の夏祭りを見ていて気づいたのは

幸手、春日部、杉戸の夏祭り 八坂祭り「天王様」
久喜の夏祭り 八雲神社(総本社は京都の八坂神社)の祭典「天王様」

こうしてみるとみんな八坂神社および天王様につながっています。


八坂神社(やさかじんじゃ)は、京都府京都市東山区祇園町にある神社

慶応四年(1868年)の神仏分離令(廃仏毀釈運動)により、元々「祇園社」「祇園感神院」と呼ばれていたのが、「八坂神社」と改められた。
祭神は古くから牛頭天王(疫病の神)は祇園精舎の守護神で、日本では素戔嗚尊と同神とされていた。
八坂神社を総本社とし、素戔嗚尊(スサノオ)を祭神とする神社が、日本全国に約2300社あるとされる。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


祇園祭(ぎおんまつり)は、祇園神(スサノオ・牛頭天王)を祀る祇園神社に奉納される祭礼である。

「祇園祭」の名前は祭神によるもので、行事の内容については一定ではなく、地域により差がある。また、祭神が同じ「天王祭」も同一のものと分類される。祭神の性格(疫病の神)から、その多くは7月から8月にかけて、疫病退散厄除けを祈願して行われる夏祭りであり、総本社である京都の八坂神社(祇園社)のものを始めとして、日本各地で行われている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


と言う事だったんですね、最近はどこも観光化が著しいですが。



                                幸手市 りふれ整体院 院長



地域 | コメント(0) | トラックバック(0)

杉戸町夏まつり 

2009年07月06日
「幸手や久喜や春日部だけじゃなく杉戸町も夏祭りあるんだけど」と言われてしまいました。

すいません、幸手市に引っ越す前は杉戸町(杉戸高野台)の住民だったのに!

夏祭りは?記憶に…?

杉戸夏まつり 7月18日(土)・19日(日)開催  だそうです。

 毎年7月中旬に行われる「夏まつり」は、170年の歴史のある由緒あるお祭りです。その昔は、天王様のお祭りと呼ばれ、五穀豊穣・家内安全・商売繁盛・疫病退散を、牛頭天王(ごずてんのう)を守護神として祈願する為のものでした。お祭りが夏に行われるのは、この時期が一番疫病が流行するためと言われています。信仰を名目にした氏子たちの、あるいは、民の娯楽のひとつでもあったようです。杉戸町に限らず各地で開催されている行事のひとつです。

 ご存知のように宿場町として栄えていた杉戸町は、人々の往来も多いことから昔から盛大なお祭として受け継がれています。お祭りの最大の見物は、2日間にわたって行われる大人神輿十数基の渡御で、県内でも最大級のスケールを誇り、力強いかけ声に合わせて神輿がまちを練り歩きます。人々の活気が通りを埋め尽くす2日間です。                杉戸町観光協会HPより


失礼しました、歴史ある盛大なお祭りなんですね!

「古利根川流灯まつり」 こちらも風情がありますね。


                                幸手市 りふれ整体院 院長

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ


地域 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |